図2 脳活動の指標としてのブドウ糖消費量とアセチルコリン(興奮性神経伝達物質)放出量の状態ごとの比較


戻る